わきが対策.com

もう「臭い」なんて言わせない!「体臭」と上手に付き合うサイト。

わきがの原因が明らかに!あのニオイの正体はアミノ酸だった!?

毎年の夏の悩み、わきが。

なぜこんなにニオってしまうのか。
なぜ私たちだけ「わきが」なのか。
解決する方法はないのか。

我々の住まうを悪臭地獄から脱却すべく、その原因を調べてみました。

わきがはツライ

「わきが」は、本当にツラいです。
同じ「わきがキャリアー」の方なら、この気持ちがわかるかもしれません。

周囲の目に(というか鼻に)気を配り、終始身の回りの清潔さを意識し、必要以上の対策を強いられる。

いっそのこと
「私、ワキガでーす」とか
「お前、ワキガな!」とか
言ったり、言われたりした方が、いっそ楽かもしれない。

自分では分かりづらい

「わきが」のツラさは、「自分ではさほど感じない」という事にあるかもしれません。
もちろん、ニオイの存在自体は知覚できますが、第二次性徴期から発生するというそのニオイを、今さら「悪臭」とは思えません。

しかし、自分以外の人にとっては紛れもない悪臭。
さらには、自分では
「どれくらい臭いのか」
「どれくらい我慢しがたいニオイか」
が分かりません。

分からないものに思い悩み、逡巡とするのは思いのほか、精神的なダメージを追ってしまいます。

遺伝してしまうもの

「わきが」の発現原因は、遺伝と言われています。

「アポクリン汗腺(かんせん)」という「汗の分泌腺(ぶんぴつせん)」から出る汗が、原因となっています。
この汗に含まれる物質が引き金となり、悪臭が発生します。

この「アポクリン汗腺」の数(器官としての数)や分泌量は「遺伝によって」決まってしまいます。
しかも優性遺伝というから、我々の絶望は確定的になってしまいます。

「わきが」の発生原因について詳しくはは、こちらの記事にまとめています。
意外と知らない「わきが」の基礎知識 – わきが対策.com

※分泌腺…体内から何かしらを「分泌」するための器官のこと。汗や涙、唾液などがあたります。
※優性遺伝…親の代から子の代へ「現れやすい個性」を指さします。一方、現れにくい遺伝は「劣性遺伝」。

わきがのメカニズム

「わきが」の原因が父祖より連綿と受け継がれてきたことは分かりました。
しかし、なぜ「アミノ酸」が「常在菌」によって分解されることが、悪臭の原因になるのでしょうか?

もう少し詳しく見てみましょう。

無臭のアミノ酸が悪臭に!

実は、アポクリン腺やエクリン腺を含め、ヒトの汗腺から分泌される汗は、元々無臭なのだそうです。

それを悪臭に変えてしまうのは、ヒトの表皮に存在する「常在菌」の仕業。
「常在菌」とは、人体の外部(腸内など、消化管も含む)に存在する菌のことを指します。

常在菌、とひとくくりに総称で呼ぶのは、その実情は人それぞれだからです。
地域や生活習慣、風習や家系によっても変わってくるでしょう。
多くの人がもつ雑多な菌、それが常在菌です。

正体が明確につかめないのでは、それ以上解明しようがないですね;

しかし、どんな物質が原材料となり、においの原因となっているかは、分かってきているそうです。

※エクリン腺…哺乳類のうちヒトにのみ発達した汗腺。アポクリン腺とは違い、水分とミネラルのみを分泌します。器官の大部分が退化しており「小汗腺」と呼ばれます。

悪臭の物質とニオイの関係

「わきが臭」の中でも特に強烈とされる「スパイシー臭」「脂肪酸臭」「硫黄臭」の3つは、以下のような物質が原因となっています。

スパイシー臭の原因物質

3-ヒドロキシ-3-メチルヘキサン酸(分子式:C7H14O3 / 2002年、花王が発表)
この臭気物質は、「グルタミン(アミノ酸の一種)」と結合した状態分泌されることが分かっています。
(2003年、ジボダン社〔スイス〕報告より)

古い雑巾臭(脂肪酸臭)の原因物質

3-メチル-2-ヘキセン酸(分子式:C7H12O2 / 1991年、モネル研究所〔アメリカ〕が報告)
この物質も2003年、ジボダン社〔スイス〕の報告により、グルタミンが結合した状態で、汗腺より分泌されることが分かりました。

硫黄臭の原因物質

3‐メチル‐3‐スルファニルヘキサン‐1‐オール(分子式: / 2003年、花王が報告)
この物質は、分泌物として「システイン」が結合した状態で分泌されていたことが、2007年花王の発表により明らかにされました。

以上のように、既に原因となる物質は特定できているわけです。
流石は文明の利器、というべきでしょうか。

わきが対策には科学の力?!

原因菌が分かっているなら、それを解決する方法も文明の力に頼るべきなのでしょう。
最新の科学的ワキガ対策について調べてみました。

悪臭物質に直接作用する成分は?

期待を胸に調査を進めましたが、残念ながら「これらの物質に直接的に作用する」ようなワキガ対策は、現在は実用化されていないようです。

門外漢であるため素人の勘繰りですが、これらの物質に「直接作用する成分」はまだ開発されていない、という事でしょうか?

ともあれ、科学的な方策としては、従来型の「制汗剤」に頼るしかなさそうです。

制汗剤がしてくれること

制汗剤には、主に2種類の効果が期待できます。

  • 常在菌を殺菌し、分泌物質の分解を抑えること。
  • 収れん作用により汗の噴出孔を引き締め、汗の分泌を抑えること。

メーカーやシリーズによって、成分の内容や配合に差はありますが、基本的には以上の組み合わせで構成されているようです。

私も愛用している制汗剤も調べてみました。

デ・オウ 薬用プロテクト デオドラントロールオン〔ロート製薬株式会社〕の有効成分

  • ベンザルコニウム塩化物
    殺菌成分として表記されています。陽イオン界面活性剤の一種で、殺菌・消毒剤の主成分として用いられます。
    石鹸など「陰イオン界面活性剤」と併用すると、その効果は減退。
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛
    制汗成分として表記。収れん剤(収斂剤)の一種で、皮膚のタンパク質と結合し皮膜を作ります。

以上のように、的確な有効成分を配合することで、制汗効果・わきがの消臭効果(防臭というべきでしょうか?)を実現しているわけですね。

まとめ

今回の調査では、
「わきがの根絶」または
「わきがの完全消臭」
に繋がるような有効な情報は見られませんでした。

しかし、効果の如何をいぶかしがっていた制汗剤に、しっかりとした機能性があるのだと分かりました。
殺菌成分や収れん成分の配合はメーカーによって違うようですから、使用者との相性もあると思います。

ぜひ、裏面の配合成分にも目を配り、使い比べてみてはいかがでしょうか?

参考文献

実は異性を誘っている?!わきがとフェロモンの違いを徹底検証!

わきがってイヤだ!

私たちは「わきが」を嫌なものだと決めつけてしましがちなのですが、科学的には「そうとも言い切れない」ことが分かっています。

そう、実は「わきがとはフェロモン」だったんです。

その違いを徹底的に検証してみましょう。

そもそも「わきが」ってなんなの?

私たち現代人のコンプレックスのひとつ「わきが」。

でも実際「どんなものか」、ご存知ですか?

まずはわきがの仕組みについて見てみましょう。

「わきが」とは汗が醸された臭い

簡単に言うと、
「わきが」とは、汗が細菌によって分解された臭い
だといえます。

でも「汗くさい」というのと、「わきが」はちょっと違いますよね?

その理由は「アポクリン腺」。
「大汗腺」とも呼ばれるこの器官は、人間の通常の汗腺とは違い、分泌される汗の中に「脂」や「たんぱく質」を含んでしまいます。

この成分の違う汗が、細菌(常在菌)によって分解される事で、臭気をはなつ原因になってしまいます。

動物にも「わきが」がある?!

実は動物にも「わきが」があることを、ご存知ですか?
正確には、わきがの原因と言われる「アポクリン汗腺」が、哺乳類動物には体中に配置されているんです。
(人間の場合、全身に分布している汗腺のほとんどが「エクリン汗腺」。)

人間の「わきが」と同様に、脂やたんぱく質を含んだ汗が分泌されるとすると、これも同様に常在菌によって、臭気を放つと考えられます。

動物の場合、「動物くさい」臭いそのものが、わきがに当たるのでしょう。

特に動物においては、この「臭い」こそが、社会的・性的な個体間関係に作用していると言われています。

そう、つまりこれこそが「フェロモン」なんです。

フェロモンと「わきが」の違いはなに?

フェロモンとは臭いなどの物質によって、他者への影響を及ぼすものを指します。
Wikipediaでの解説は以下の通り。

フェロモン(pheromone)は、動物または微生物が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のことである。

哺乳類の場合、アポクリン腺から分泌される汗の分解臭こそがフェロモンとして機能していることは前述にもあります。

では、人間においてはどうなのでしょうか?

実はまだよく分かっていない

フェロモンとは、動物の生体機能として研究されてきました。
ヒトにも「フェロモン機能がある」と発見されたのも、人類の長い歴史の中ではつい最近のこと。

1990年台にはマスコミで取り上げられ、あたかも「異性を引きつける」ような文言で表現された事がありますが、実際にどんな物質がフェロモンとして機能するのか、受け手側の人間はそれをどう検知しているのか、そもそもその未確定なものを「フェロモンと断定」して良いのか、まだまだ研究途上であるそうなんです。

しかし、後述の理由からも
「ヒトにもフェロモン機能が存在すると思われる」
というのが一般的な認識のようです。

「わきが」は「フェロモン」である3つの理由

実はまだ詳しく分かっていない「フェロモン」と「わきが」の関係。

でもなぜ、生物学者は「わきがはフェロモンだ」と示唆しているのでしょう。

おさらいも含めて、重要なポイントをまとめてみました。

1.哺乳類動物がもつ「アポクリン腺」

自然界の哺乳類動物が全身にもつ汗腺は「アポクリン腺様式」です。
人間の場合、エクリン腺様式の汗腺が発達しているため、アポクリン汗腺は身体の一部にのみ集中しています。

人間(ヒト)も哺乳類動物の仲間です。
元々は「アポクリン汗腺」を全身にもち、フェロモン的機能をもつ臭いを放っていた。
しかし、何かしらの理由によって不要となった『フェロモン機能」が退化してしまった。
以上のような進化の道筋は、想像に難くありません。

2.「ヒト・フェロモン」は存在しない?

今でこそ「ヒト・フェロモン」は実在するように考えられていますが、事実、研究途上であったり、不明確なものばかりです。そもそも、当初フェロモンとは(人間をのぞく)動物特有のものだと考えられていたようです。

では、なぜフェロモンは人間には無いと考えられてきたのか。

それは、人間はすでに「高度なコミュニケーション能力」を得ているからではないでしょうか。
フェロモンとは、他の個体に影響を及ぼしたり、行動を指せるための「生理活性物質」のこと。
人間ほど、言語でのコミュニケーションが可能であれば、間接的なフェロモンという機能は冗長なものだと言わざるを得ません。

不要になったからこそ、機能の制限された「エクリン腺」に取って代わられた、と考えるのは自然なことです。
そして幸か不幸か「アポクリン汗腺」は完全にはなくなっていません。

フェロモン的な機能も同様に残されている、と思えてなりません。

3.受け手によって「悪臭」の感じ方が違う

「わきが」が最も「フェロモン的だ」と感じるのは
『受け手によって悪臭の感じ方が違う』ということ。

たとえ「わきが」であったとしても、受け手(その臭いをかぐ、第三者)によっては「臭いが苦にならない」という事があるようです。

フェロモンの及ぼす行動には、もちろん性的行動・性的興奮などが含まれることがあります。
ある異性の「わきが」が良い香りに感じるのであれば、それは遺伝子レベルで相性の良い人なのかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。
いまだ完全に解明されていないとしても、私達わきがに悩む現代人にとって、救いとなる内容だったと思います。

しかし油断は禁物。
「わきが」が「フェロモン」として機能するとしても、それは本能的な部分です。
現代人にとっては「忌むべき悪臭」ですし、いくら相性が良い香りでも「強烈すぎる」とマイナス印象になってしまうでしょう。

結局は、最低限のマナーの範疇で、身体を清潔にしたり、デオドラントをする必要がありそうです。

参考文献

意外と知らない「わきが」の基礎知識

私たち現代人の悩めるコンプレックスのひとつ。
わきが。
そもそも「わきが」とは何だろうか?

「わきが」とは何か?

「わきが(腋臭)」とは、特に「わき(脇、腋)」から発するにおいのこと。またその症状をさす。

一般的な認識では、その症状のことを指すことが多い。
なお、疾患としては「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ぶ。

特殊な汗が分泌され、その汗と皮脂とが、特定の細菌に分解されることで、臭いが発生すると考えられる。

なお、わきではなくとも「わきが」と同様の臭いを発することがある。
またそれを特に「すそわきが」という表現をされることがある。

わきがの臭いの種類

わきがの臭いには個人差があり、様々な臭いを発する。
具体的には以下のようなものである。

  • ゴボウの臭い
  • ネギの臭い
  • 鉛筆の臭い
  • 酢の臭い
  • 香辛料(クミン)の臭い
  • 納豆の臭い
  • 古びた洗濯ばさみの臭い

汗の成分には個人差があり、また環境によっても左右される。
その為、臭いの種類が複数存在するものと考えられる。

わきがのメカニズム

わきがは、特殊な汗腺から分泌される汗によって引き起こされる。

具体的には、わきなどで分泌された汗が皮脂などと混ざり合い、表皮に存在する細菌(常在細菌という)によって分解されることで、臭気をもった物質として生成される。

この仕組みはいわば「フェロモン」と同様であり、動物からヒトとして進化する過程で形成されたものだと考えられる。

わきがの原因はアポクリン汗腺

わきがの原因となるのは「アポクリン汗腺(apocrine gland)」と呼ばれる汗腺。
汗腺とは、周知のとおり体温を調節するなどの役割のため、皮膚に無数に存在する「汗を分泌する」ための組織である。

もともと、哺乳類の動物が一般的に持っている汗腺で、汗が分泌される際に皮脂やたんぱく質を含んだ状態で分泌される。

しかし人間(ヒト)においては、汗腺の大多数が「エクリン腺様式」と呼ばれる汗腺で占められている。
ヒトはエクリン腺から出る汗によって、体温調節などの役割を果たしている。
このエクリン腺とは、アポクリン腺とは違い「脂やたんぱく質」を含まないため、前述のような特有の強烈な臭いになることは少ない。

ヒトにおいては、腋や乳首、性器などの一部にアポクリン腺が密集して存在している。

わきがは遺伝する?

前述のとおり、わきがの発症は「アポクリン腺」の分泌量によって、その度合いが変わってくるものと考えられている。

分泌器官の性能(汗腺の量や分泌量)は遺伝子によって左右されるため、いわば先天的に「わきがになるかどうか」は決定してしまう。

遺伝の性質は「優性遺伝」であるため、高い確率で親から子の代へ引き継がれる。
なお、わきがとともに遺伝され発現するものとして「湿り気のある耳垢」が挙げらえるのは有名である。

優性遺伝であるため、人類全体から考えると、わきがの発症者は圧倒的多数であると考えられるが、日本人(および東アジア諸国)においてわきが発症者は10%ほど。

これは、我々アジア人の祖先がシベリアなどの寒冷地に居住していたことが関係すると考えられている。

わきがの役割

悪臭を持つものとして忌み嫌われる「わきが」。
では、わきがは何のために存在するのだろうか?

前述では、哺乳類に属する動物は、その全身に「アポクリン腺」を持つことに触れた。

自然界において「臭いを発する」という機能は、「他の個体に何かを知らせる」ということに他ならない。

わきがの由来はフェロモン?

わきがの成り立ちや、現代に存在する他の動物を観察すると、わきがの原型は「フェロモン」であると考えられる。

事実、ウマやウシなどの偶蹄目では、アポクリン腺様式の器官が「芳香腺」として機能している。

ヒトにおいてはアポクリン汗腺は、芳香腺としてははほとんど機能していない。

これは、人間が社会性に富んだ進化をした結果、言葉でのコミュニケーションが発達し、その他の伝達機能としてのフェロモンが衰退した結果だと考えられる。

わきがの見分け方

わきがのみならず、自分自身の臭いは自分自身では分かりづらいもの。
しかし看過していると、知らずのうちに周囲に迷惑をかけている可能性もある。

わきがを発症している人に起こりやすい現象は以下の通り。

見分け方1:親がわきがである

不快な臭いとして発生しているかではなく、体臭が強いかどうか、が判断基準になる。
体臭はアポクリン腺によって分泌された汗から、生成された匂いが要因となる。

つまり、両親のどちらかの体臭が強ければ、その子孫には「体臭の出やすいアポクリン腺」を受けついている可能性が高い。

見分け方2:湿気のある耳垢が出る

耳垢(みみあか、じこう)が湿っている(湿性耳垢、じり耳)場合、わきがである可能性が高い。

耳にもアポクリン腺は存在し、耳垢が湿るのは、このアポクリン腺の分泌量が多いから、だと考えられる。

見分け方3:洗濯物にわき染みがつく

わきの下などに、黄ばんだような染みがついている場合、わきがの可能性が高いと判断できる。

アポクリン腺から分泌される汗には、脂やたんぱく質を多く含んでいる。
これらの分泌物が多い場合、衣服に固着してシミとして残ってしまうケースが多い。

わきががもたらす問題

動物としては当然の機能である「わきが」。
しかし現代の日本での「わきが」のとらえられ方は、もっと妄信的に蔑まれる傾向にあると感じている。

わきがが避けられる理由

「わきが」が奇異の目をもってみられるのは、特に日本など黄色人種(モンゴロイド系)の社会においてである。

東アジア諸国では、わきがの発症率は全体の5~20%程度だと考えられている。
(人類全体では、わきが発症者のほうが圧倒的多数)。

さらには、アジア諸国での文化・文明の成り立ちから考えると、社会性が最重要視されてきたという歴史がある。

母集団から見た一部の「変な臭いの人物」は、否が応でも目立ち、のけ者にされてきたのだと考えられる。

わきがの不快感は受け手次第!?

「わきが」は不快な対象であると考えられがちであるが、その実は「相手による」と考えらえる。

「わきが」の臭いに対する感じ方(不快と思うかどうか)は実は人によって差があり、これはわきがの成り立ちが「フェロモン」であることと同様だと考えられる。

  • 自分の親類にあたる人のわきがは、不快に感じない。
  • 一般的なわきがは苦手だが、ある特定の人物のわきがを良い匂いだと感じる。

などの現象は、実生活の中でも経験したことがある人は少なくないと思う。

事実、筆者の家系もわきがであるが、兄弟のそれは「臭いの強さ」を感じても「不快」には感じない。
それどころか、わきがの持ち主でも「異性にもてる」人物を何人も見てきた。

まとめ

わきがはフェロモンが退化した名残であり、今ではすたれた「コミュニケーション手法のひとつ」だといえる。

「わきが」とは

  • わきがは優性遺伝。親がわきがなら、子もわきが。
  • フェロモンの名残で、人によっては良い匂いに感じる。
  • 成分や環境によって臭いが変わるため、様々な臭いがある。

参考リンク

 

© 2017 わきが対策.com

Theme by Anders NorenUp ↑